住まいのリフォーム

リフォームといっても、簡単な補修工事や気軽に気分転換を図るための模様替えといったものから、間取りの変更や増築といった本格的な工事を行うものまでさまざまです。また、部分にこだわらず、全体を視野に入れた改善計画を立てましょう。

リフォームの流れ

1)打ち合わせ

大切なポイントは、リフォームの動機や計画・希望をお伝えください。

2)事前調査

診断は表面からわかるものもあれば、状況によっては壊して確かめる場合もあります。その際は、費用が発生する場合もあります。予算に大幅な狂いが生じないためにもしっかりと診断します。

3)プランニング

プランのたたき台を基にしっかりと話し合い、実施計画をまとめ上げます。

4)見積もり・契約

実施計画に基づいて見積り・契約を行います。

5)実施時期・着工前の打ち合わせ

事前に、いつ、どこを、どういう段取りで工事するのかを確認します。

6)工事着工

工事が進む中で追加の注文がある場合は、お聞かせください。

7)完了・引き渡し

図面に基づいて施工がなされているか点検の上、ご確認いただきます。



2011年05月31日07:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。